たんぽぽ茶は肝臓激成や優秀な利尿性作用による、浮腫や秘結の解決に持ってこいです。

タンポポハーブティーには、数多くの身体に嬉しい効果(ベネフィット)が見込めます。

そんなたんぽぽ茶は、最近ではスーパーでも買うことができるようになりました。

たんぽぽに期待できる様々な効果

たんぽぽにはビタミンや無機物をふんだんに含有しており、肝臓を鍛え抜く作用があるので、コレステロールを抑制します。また、血糖量をダウンさせるという効能も見込めます。

根幹部分には利尿性作用を促進する効能があり、欧州では「おねしょハーブ」と言われているほど、利尿性作用が優秀です。それゆえに、浮腫の改良にも効果が期待できます。

その他の作用としても、食もたれに効能があり秘訣を改良したり、血液をさらさらにする効能、催乳効能、解熱効能、発汗作用、喘息の改良、胆汁の分泌液奨励 、膚荒れ、秘結改良、血球新生など数多くの効能が見込めます。

ダイエット効果も

たんぽぽ茶はダイエット茶として飲まれることもあります。女性の本質的なダイエットにはHMBサプリもおすすめです。

下熱効能や血圧効果の効能があるので、低血圧の方はやたら飲用すべきではないと思います。

留意点ですが、鉄分は秘結改良に効能を発揮するのですが、本来腸が弱いという人の場合下痢症を促してしまうこともあります。

市販されているハーブティーは 抵抗なく飲めるので、味がコーディネイトされていることがあるので、過剰飲用をしないように注意しましょう。

ちなみに

膿出し効果のあるなた豆茶もおすすめです。花粉症や口臭予防に効果があると言われています。

最近は、スーパーでもたんぽぽ茶を買うことができますよ。

たんぽぽ茶の特徴

効能

肝臓強壮、消化促進、利尿、浄血、秘結改良など。

味覚とフレーグランス

入れ方によって、タンポポ茶とタンポポコーヒーになります。
タンポポ茶はアーシーでビターな味で、タンポポコーヒーは、まるでコーヒーみたいなカラーと味わいです。

注意事項

血圧を低下させる効能があるので、低血圧の人は気をつけましょう。

たんぽぽハーブの雑学

どのようなハーブかというと、タンポポは路傍などに咲いているイエローフラワーで、欧州産は「西洋タンポポ」、国産は「カントウタンポポ」と言います。

雑草と同じで、特別なケアをしなくてもナチュラル自生し、少々悪環境状態であっても開花する強い花です。タンポポハーブティーは、この花の根と葉を干して作られたお茶のことです。

キク科の多年生植物であるタンポポは、別称が「タンディライオン」と言います。

「タンディライオン」とは百獣の王の歯を意味し、ノコギリの歯のような黄色い花唇が、ライオンの牙に例えられていると言われています。

今日、搭載されている町中の道筋で、アスファルトやコンクリの少々のひび割れからでも花を咲き誇らせ、その根子は地下に30センチから50センチと、自分の身長よりも長い根っこを取り囲ませます。

厳しい条件下でも咲く西洋タンポポは、そのエネルギッシュさの秘密が、地中深く埋まった根っこにあると言われています。

格段、西洋タンポポは古くから日本で咲いていたカントウタンポポと違って、寒暖のギャップに強く堅固であることで、今日国内で自生するたいていのものが、外来生物の「西洋タンポポ」です。

このエネルギッシュさから、古来から生薬としても使用されてきました。

同じく奇跡のお茶として古くから親しまれているお茶

古来から奇跡のお茶として愛されているお茶には、他にもルイボスティーがあります。
妊活や美容に効果があるので、たんぽぽ茶と同様におすすめです。

花唇は、仏蘭西を始めとする欧州で食品として使用されることがあり、日本でも天麸羅やお造りなどの日本料理のオブジェなどにも使用されます。

若葉や根っこはハーブティーとして使用され、花唇が食品などに使用されています。

たんぽぽ茶のさらについて、更に詳しく

こちらのたんぽぽ茶専門のサイトがおすすめです。
おすすめのたんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶を紹介しています。
たんぽぽ茶の素晴らしさを知ってください。