青汁は苦くありません

青汁を飲んだことがない人は「青汁って苦いんじゃないか」と思っている人が多いようです。しかし、青汁というものはほとんど味に癖がないもので、水に溶かしただけでさらっと飲めます。

またパンやクッキーやホットケーキなどを緑色に着色したいときに練り込んで焼いたり、牛乳や豆乳に溶かして少量のシロップを入れて抹茶ジュースのように飲んだりすることもできます。私はきなこやゴマ、はとむぎ粉末を青汁と一緒にシェイクして飲むのが好きです。

野菜嫌いの人でも毎日続けられるような味です。野菜が嫌いな人には特に青汁は効果的だと思います。

青汁はなぜダイエットに効果的?

野菜不足だと感じる食事のときに青汁を飲むと、見事に野菜不足を補ってくれます。つまり便秘の予防をしてくれるということです。

ですから、便秘気味で悩んでいる人にとっては青汁はかなり有効なサプリメントということです。

またダイエットだけではなく青汁は健康な体作りにも役立ちます。そこで私は青汁を飲み初めてから顔の肌色のトーンがずいぶん白くなりましたし、何より体の節々の痛みに効いたようで、体調が整ってきました。青汁には直接的にダイエットに効く成分はあまりはいっていないかもしれませんが、体を健康に保つことによって自然とダイエットにつながります。

グリーンスムージーより青汁

たくさんの野菜や果物を粉末にしたグリーンスムージーが流行っていますが、青汁のほうが良いという考え方もあります。まず青汁は甘くないので、飲みすぎたとしても糖分が含まれてないので安心です。また一番の魅力は青汁のコスパ一般的な粉末スムージーと比べるととても良いことです。

スムージーだと一食100円以上かかりますが、青汁ならば1食につき40円ほどです。また青汁は添加物が入っていないことも多いです。農薬不使用のものも多く出ています。

このように体に安心で、メリットが多い青汁ですので一日三食、食べても安心です。