筋肉を鍛えることの意味

ダイエットに挑もうとする人に多いのが、とりあえず走る。
つまり有酸素運動を主にしてダイエットしようとする。
それも間違いではないですが、効率が良くありません。
また、過度な食事制限も長続きしないでしょう。
じゃあ何をするべきか。

それは筋トレです。

筋肉量が増えることによって、基礎代謝が増えるのです。
すると、何もしなくてもカロリーを消費しやすくなります。
つまり、痩せやすい体ができるのです。
この痩せやすい状態で有酸素運動や食事制限をすることで、ダイエットの効果が上がります。
そのため、筋トレを中心にダイエットするべきでなのです。

どんなトレーニングをするべきか

筋トレといっても、様々なトレーニング方法があります。
ジムに行くとお金がかかるし、器具も買わないと。
確かにその方が効果はありますが、何の準備もしなくてトレーニングをすることは可能です。
自分の体重を使ってトレーニングをする方法です。
腕立て伏せやスクワットであれば、器具も場所も必要ありません。
正しいフォームでしないと効果が出にくいですが、今は動画サイトでフォームを確認できます。
ダイエット目的の筋トレ動画も多くアップされています。
その動画の通りにトレーニングするだけでもかなりの効果があるでしょう。
軽く始められるものが多いので、チェックすべきです。

キングオブトレーニング

ダイエットには筋トレが良いと言いましたが、特におすすめがスクワットです。
これは下半身の筋肉を中心に体幹を鍛えることができます。
下半身には大きな筋肉が集中しているので、そこを鍛えることで代謝が上がります。
そのため、スクワットはダイエットをするためには最も良いトレーニングなのです。
脚が太くなることを気にする女性も多いようですが、その心配はいりません。
太くするには、かなりの負荷をかけないといけません。
自重ではそこまで負荷はありません。

スクワットの他にもサイクリングがおすすめです。
こちらは有酸素運動も兼ねているので、より効果が期待できます。